レディース靴 ブランド

靴選びは失敗しない様にしましょう

今現在、靴を何足持っているでしょうか。
特に女性の方はレディース用の靴をたくさん持っていると思います。サンダル、ブーツ、パンプス、ローファー、スニーカー、スポーツシューズ等、数えたらキリが有りません。

 

またサンダル1つを例に挙げてみてもレディースサンダルは取り扱っているブランドも多いのでデザインを変えてたくさん持っているなんて言う人もいるのではないでしょうか。そう言った靴をどの様な基準で購入しているのでしょうか。

 

 

好きなブランドだから買った、とりあえず履ければ良いと言う様に色んな選び方の基準が有ると思いますが、靴選びのポイントを自分なりに押さえておく事で失敗しない靴選びをする事が出来る様になります。

 

単に好きなブランドだから、好きなデザインだからと言う理由だけで買ってしまうと歩いている内に靴ずれを起こしてしまったり、痛くなってしまったり、歩いていて疲れてしまったりして二度とその靴を履かなくなってしまうかもしれません。

 

もちろん自分にぴったり合う靴を探したいと思うでしょうが、何をもってピッタリの靴と判断して良いか分からないと言う人も多いと思います。
自分のピッタリの基準は人それぞれ違うと思いますが、大きな選ぶポイントは有ると思いますのでそうしたポイントをしっかりと押さえた上で靴選びをしていくと良いでしょう。

 

そうする事で失敗する事無く靴選びをする事が出来る様になると思います。

 

毎日でも履きたいと思える靴。そんな靴を是非これからは毎回選びたいですよね。

 

靴の選び方 ハイヒール

「ハイヒール」。
女性なら誰もが憧れるレディースシューズだと思います。

 

色んなブランドからハイヒールは販売されていますし、このブランドのハイヒールじゃなきゃ嫌だとこだわりを持つ方もいると思います。

 

ハイヒールをキレイに履きこなせたら足もキレイに見えますし、大人の女性って感じで良いですよね。
しかしハイヒールは普通のローヒールのレディースシューズと違ってヒール部分が高い為、ピッタリの靴じゃなければ痛みが出てきて歩く事も辛いと言う事になる場合も有ります。

 

そこでハイヒールの選び方についてポイントを挙げてみたいと思いますので参考にしてみて下さい。

 

 

一度履いて少し歩いてみて下さい。
その時に靴の中で足が滑って爪先が靴の先に当たってしまう様では痛みの原因となりますので、履いてみて足が前に滑らない靴を選ぶ様にしてください。

 

またハイヒールは爪先立ちをしている様なイメージですが、歩く際は出来るだけ足の裏が靴に付いている状態の物が良いです。
その為土踏まずの部分がしっかりと靴に合う様なハイヒールを選ぶ様にした方が良いと思います。

 

またたまにくるぶしが靴の縁に当たってしまって擦れて痛くなる場合が有りますので、履いてみてくるぶしが当たらない様な靴を選ぶ様にしましょう。
またヒールは細めの物より太めの物の方が歩く際の安定感が有って良いと思います。

 

また足先のデザインが尖りすぎていない物、親指の所が内側に曲がり過ぎていない物を選ぶ様にすると外反母趾予防にもなって良いでしょう。

 

こうしたポイントを押さえてハイヒールを選ぶ様にしてみてはいかがでしょうか。